スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡朱鷺保護センター

朱鷺の森公園入り口
CIMG0654tm.jpg
 
朱鷺を保護し飼育する施設が佐渡新穂村清水平に出来たのは、1967年(昭和42年)の事です。当事、ケガをして捕獲されたり、幼鳥の内に迷い出た朱鷺を保護する専門施設として出来たのです。その頃は「新潟県朱鷺保護センター」と言う名称でした。
平成5年に現在の新穂長畝に施設を移し、「佐渡朱鷺保護センター」が出来ました。「ミドリ」が中国から帰って来た翌年の事でした。

その後、平成19年に新穂正明寺に「佐渡朱鷺保護センター野生復帰ステーション」が作られました。

1999年に中国からもらい受けた、ヨウヨウヤンヤンによって人工繁殖が成功してからは、順調に朱鷺の数は増え続け、現在国内で飼育されている朱鷺の数は全部で112羽となり、先日放鳥された朱鷺を含めると122羽の朱鷺がいます。その内訳は、

佐渡朱鷺保護センターに83羽
佐渡朱鷺保護センター野生復帰ステーションに17羽
多摩動物公園に12羽
島内に放鳥   10羽

となっていて、ヨウヨウヤンヤン、その第一子のユウユウは、今も元気に佐渡朱鷺保護センターで暮らしています。3人の獣医さんが毎日忙しく朱鷺の世話をしているそうです。

佐渡朱鷺保護センターは、約4haの敷地内に朱鷺資料展示館や繁殖ゲージを備え、観察回廊からは繁殖期を除いて、ゲージ内の朱鷺を見れる様になっています。また朱鷺資料展示館には、このブログで紹介したキンちゃんミドリの事、朱鷺の様子、写真等が分かり易く展示されています。周りは朱鷺の森公園と呼ばれる自然公園になっていて、澄んだ空気の中をゆったりと散歩出来る様になっています。

朱鷺資料展示館
CIMG0656tm.jpg

キンちゃんの記念碑
CIMG0655tm.jpg

---------------------------
先日放鳥された朱鷺達のその後の追跡調査の様子が公開されています。小佐渡のかなり広範囲な地域で飛び回っている様子です。地名が多く、分かりにくいかも知れませんが写真や地図が掲載されているので、興味のある方は下記リンクよりご覧下さい。

放鳥朱鷺情報

☆☆☆ 最後まで読んで頂いてありがとうございました。 ☆☆☆

ランキングボタンや拍手ボタンを押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります。感謝、感謝です。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ありがとうございました。

↓↓↓良かったらこれもおねがい。

theme : 新潟県
genre : 地域情報

ニッポニア・ニッポン キンちゃんの物語5

CIMG0685m.jpg

ミドリが死んでしまい、キンちゃんはたった1羽になってしまいました。1967年に幼鳥で発見されたキンちゃんは、この年28歳になっていました。
1羽だけになってしまったキンちゃんですが、佐渡朱鷺保護センターで、飼育員の近辻さんと獣医の金子さんに見守られて、水浴びをしたり、朝寝をしたりで、のんびりと元気に過ごしていました。近辻さんは朱鷺の保護の仕事をする様になってから、ずっとキンちゃんと共に過ごし、キンちゃんの健康管理はもちろん、すべてを知っている人です。朱鷺はつがいの愛情が深く、交尾の真似をしたり、お互いに羽をつくろったり、小枝渡しをしたりします。キンちゃんは近辻さんや金子さんに、よく小枝を渡していたそうです。

朱鷺の水浴びの様子です。

 
 
 1999年(平成11年)、キンちゃんが32歳になった時に中国から1つがい、2羽の朱鷺が日本に送られる事になりました。このヨウヨウヤンヤンが、日本における最初の人工繁殖に成功するのです。生まれた雛はオスで、ユウユウと名づけられました。その後も中国の協力により、佐渡朱鷺保護センターでの人工繁殖は順調に推移し、朱鷺は年々増えて行きました。

 そんな中、キンちゃんは年々衰えて行きました。そして2003年10月10日、36歳でこの世を去るのです。ここに、日本産の朱鷺は絶滅の時を迎えました。キンちゃんを捕まえた宇治金太郎さんは、生前、キンちゃんの長生きを願って、捕まえたその時から、両津にある宇賀神社にお参りを続けたそうです。80歳を超えて足元がおぼつかなくなっても、600段近い階段を上り続けていたのです。キンちゃんは人間で言えば100歳を超える長生きでした。

キンちゃんです。
CIMG0691HKIN.jpg

次回は「佐渡朱鷺保護センター」です。

☆☆☆ 最後まで読んで頂いてありがとうございました。 ☆☆☆

ランキングボタンや拍手ボタンを押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります。感謝、感謝です。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ありがとうございました。

↓↓↓良かったらこれもおねがい。

theme : 新潟県
genre : 地域情報

ニッポニア・ニッポン キンちゃんの物語4

CIMG0698t4.jpg
 
 中国での朱鷺が順調に増えている間にも、佐渡朱鷺保護センターでは、オスの「ミドリ」と他のメスをペアにして朱鷺を増やす試みが行われていました。しかし、ペアリングは旨く行かず、「ミドリ」はどのメスとも仲良くなってくれませんでした。
 1985年、中国からオスの朱鷺 「ホアホア」がやって来ました。キンちゃんとペアにして卵を産んでもらおうと考えたのです。2羽は仲良くなったのですが、残念ながら卵は生まれませんでした。キンちゃんが高齢で繁殖の能力がなかったのです。
 その後、佐渡朱鷺保護センターでは、「シロ」 「アオ」が死んでしまい、キンちゃんミドリの2羽だけになってしまいました。そこで、1990年、日本の朱鷺の、繁殖の最後の望みをかけて、ミドリを中国に送り、中国の朱鷺との間に雛を作る事になったのですが、中国に渡って2年目に、やっと生まれた卵は2個とも無精卵で、孵る事はありませんでした。

ミドリです。
CIMG0690mio.jpg

 ミドリが佐渡に帰ってから2年後の1994年に、中国から朱鷺のつがいが日本にやって来ました。日本で卵を産んでもらって朱鷺を増やす為でした。しかし間もなく、オスの朱鷺のほうが死んでしましました。ところが、メスの朱鷺 「フォンフォン」ミドリが仲良くなり、5つの卵が生まれたのです。日本中が、日本の朱鷺の子孫の誕生に期待を膨らませました。
雛の誕生を心待ちにしていたその時、突然の様にミドリが死んでしまいます。力尽きた死でした。5つの卵はその後の検査の結果、いずれも無精卵でした。ついに、日本の朱鷺はキンちゃん1羽だけになってしまい、事実上、日本の朱鷺の繁殖の夢はついえたのです。

次回は「ニッポニア・ニッポン キンちゃんの物語5」です。

---------------------------

今朝のニュースによりますと、先日放鳥された朱鷺の内、2羽が新穂地区に作られたビオトープ(餌場)から餌を食べる様子が確認されたそうです。また、以前このブログの 「朱鷺 舞う 空へ」 と言う記事で紹介した野浦地区でも朱鷺の姿が確認されたそうで、野浦の人達が丹精込めて作ったビオトープが命を得ました。放鳥された場所から、直線距離で9Km、標高600mの小佐渡山脈を越えたのです。放たれた朱鷺達の生命力を感じました。

☆☆☆ 最後まで読んで頂いてありがとうございました。 ☆☆☆

ランキングボタンや拍手ボタンを押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります。感謝、感謝です。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ありがとうございました。

↓↓↓良かったらこれもおねがい。

theme : 新潟県
genre : 地域情報

ニッポニア・ニッポン キンちゃんの物語3

CIMG0684T3.jpg

 捕獲された朱鷺達には、認識用に足につけたリングの色によって、それぞれ 「アカ」 「シロ」 「キイロ」 「ミドリ」 「アオ」と名前がつけられました。わかり易いとは思いますが、何か簡単すぎるような。。。検査の結果、「ミドリ」 だけがオスで他の朱鷺はすべてメスである事も分かりました。

 とにかく、キンちゃん一羽だけだった佐渡朱鷺保護センターは急ににぎやかになりました。しかし、それもつかの間の事で、半年後には「キイロ」「アカ」が続けて死んでしまったのです。人工飼育による朱鷺の餌には安全な人工飼料が使われていたのですが、自然に暮らしていた5羽の朱鷺達は、まだ自然の餌である、ドジョウとか蛙とか魚との併用期間だったのです。どうしても自然の餌の場合には寄生虫とか、細菌が含まれている事があり、それも一つの原因だったのでしょう。

左が中国の朱鷺が産んだ卵。 右が日本の朱鷺が最後に生んだ卵です。
CIMG0667TT.jpg

 ちょうどその頃、中国で、絶滅したと思われていた朱鷺が、何年もの生息調査の末に発見されていました。朱鷺は中国では 「紅鶴」 とか 「紅火」 と呼ばれていて、かつては、朝鮮半島や東南アジア一帯に生息していたのですが、皆日本と似た様な経緯をたどって絶滅してしまったのです。
中国での朱鷺発見のニュースが入ると、すぐに日本の環境庁長官が中国を訪れました。両国での朱鷺の保護の協力関係を結び、今までの日本に於ける人工飼育の経験を伝え、支援する事になりました。その後、両国の努力の甲斐あって中国の朱鷺の数は順調に増えて行くのです。

地図中の赤く塗られた部分が朱鷺の過去の生息地です。
CIMG0659TN.jpg

次回は「ニッポニア・ニッポン キンちゃんの物語4」です。
---------------------------
今朝のニュースによりますと、先日放鳥された朱鷺達は次第に活動範囲を広げていて、自然の水路から餌を食べる様子も観測されたそうです。


☆☆☆ 最後まで読んで頂いてありがとうございました。 ☆☆☆

ランキングボタンや拍手ボタンを押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります。感謝、感謝です。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ありがとうございました。

↓↓↓良かったらこれもおねがい。

theme : 新潟県
genre : 地域情報

ニッポニア・ニッポン キンちゃんの物語2

キンちゃんが佐渡朱鷺保護センターに保護された時には、3羽いた内の2羽は、寄生虫による胃の病気ですでに死んでしまっていて、キンちゃんと同居する事になったのはオスの「フミ」だけでした。しかし「フミ」もまもなく死んでしまい、佐渡朱鷺保護センターはキンちゃん1羽だけになりました。
 
 それから約一年半が経った頃、石川県で保護された能登半島最後の朱鷺、「のり」が佐渡朱鷺保護センターに来る事になりました。メスのキンちゃんとオスの「のり」はつがいで飼われる事になったのです。次第に2羽は仲良くなって、朱鷺の愛情表現の枝渡しをする様になり、2羽の間に子供が出来る事が期待される様になりました。しかし、それからまもなく、「のり」も死んでしまい、またキンちゃんはひとりぼっちになってしまいます。原因は、能登半島で暮らしていた頃に食べた餌の農薬汚染でした。

朱鷺の枝渡しの様子です。


 その頃、佐渡の野生の朱鷺は、一年に2~3羽ずつ新しいひなが巣立っていました。ところが、1975年から、卵は確認されるのですがひなの巣立ちが確認されなくなって来たのです。そこで、環境省は朱鷺の卵を採取して、上野動物園で人工孵化させる事にしました。朱鷺観察班によって3個の卵が採取され、上野動物園に送られて、ふ卵器に入れられました。しかし、3個の卵は孵る事はありませんでした。すべての卵が無精卵だったのです。この時の様子は何度も報道されていましたので、今でも記憶に残っています。その後も何度も採卵作戦が行われましたが、カラスに卵を取られたりした事もあり、すべて失敗でした。

朱鷺の羽色着色行動

トキは繁殖期の前、1月下旬頃から頸側部から粉末状の物質を分泌し、これを水浴びの後などに体に擦りつけ、自ら「繁殖羽」の黒色に着色します。

朱鷺の交尾の様子です。


 1979年には野生の朱鷺は5羽だけになってしまい、キンちゃんを合わせても6羽だけになりました。朱鷺を守る為に色んな事が話し合われました。地元の人達は、このまま自然に生かした方が良いと言い張りましたが、すでにここ数年に渡り自然繁殖はなく、このままではだめだろうとの結論で、野生の朱鷺すべてを捕獲して、人工飼育によって増やす事に望みをつなぐ事になったのです。昭和56年1月、小雪の舞う佐渡の空から、羽ばたく朱鷺の姿は消えてしまいました。


次回は「ニッポニア・ニッポン キンちゃんの物語3」です。

☆☆☆ 最後まで読んで頂いてありがとうございました。 ☆☆☆

ランキングボタンや拍手ボタンを押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります。感謝、感謝です。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。

↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓↓↓ブログランキング参加中毎日1回ポチッとおねがい。
ありがとうございました。

↓↓↓良かったらこれもおねがい。

theme : 新潟県
genre : 地域情報

プロフィール

ニックス

Author:ニックス
職業:土木設計業
年令:50歳
性別:♂
田舎暮らしでのんびりと、さらにのんびりと暮らす事が夢です。仕事は真面目で、趣味多し、ですが突き詰めた物がないのがたまにきず。妻と3人の子供が宝物のごくごく普通の親父です。

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
 
情報の一つです。一度のぞいて見てくださいね!
ポイントサイト
ポチッと押してみて! 色んな物があるよ。




プラネタリウム
今夜の星空は・・・
ルーン・占星術・タロット 3つの占い
中央左側の3つのマークを選んでクリック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
ブログランキング参加中
1日1回ポチッとおして^^!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
人気ブログランキング
1秒で救える命がある
病気かなと思ったら調べてみてね
症状を入力して検索して
一番良い病院を探してね
県名と診療科を入力して検索し
NewMark
リンク
海洋深層水
朱鷺の本です。
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。